【英語表現S6-6】cross the line(一線を踏み越える)

今日は『Seinfeld』Season6Episode6"The Gymnast"から、
英語表現をお届けします☆

The Gymnast(公式サイト予告編動画)

新しく出来たガールフレンドの家に遊びに行ったGeorge

彼女の家で食事の後片付けをしているときに、Georgeは
美味しそうなお菓子をゴミ箱の中に見つけました。

コッソリお菓子を食べた瞬間・・・ガールフレンドのお母さんがやって来ました!

JerryGeorgeの会話に着目しました。

George: It was not trash!
Jerry: Was it in the trash?
George: Yes.
Jerry: Then it was trash. You have crossed the line
that divides man and bum. You are now a bum.

 

ジョージ:ゴミじゃなかったんだ!
ジェリー:ゴミ箱の中にあった?
ジョージ:ああ。
ジェリー:であれば、ゴミだよ。君は一線を踏み越えたんだ、人とbumの。
もうbumだよ。

[単語補足]
bum:(主にアメリカで)路上生活者

Macmillan Dictionaryによると、
名】[mainly American] someone without a job or place to live
who asks people for money in the street

・・・と説明されていました。

Jerryのセリフに出てきたcross the line(一線を踏み越える)
注目しました☆

The Free Dictionary.comでは、
to change from being acceptable to being unacceptable
例:I though the jokes crossed the line and were basically
embarrassing. 
(そのジョークは一線を越えているよ。基本的に、ばつの悪いものだ)
・・・と紹介していました!

s20100211
NYのRockefeller Center(ロックフェラー・センター)の一角にて


コメント
mikeさん、このたびはメッセージをありがとうございます。

笑いながら、英語が学べたら最高ですよね☆

私も『Seinfeld』のおかげで、笑いつつ英語の勉強をしています!
  • Sayaka
  • 2010/03/03 12:10 AM
久しぶりに大笑いしました。
ありがとうございます。
  • mike
  • 2010/03/02 9:41 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

カテゴリー

最近の記事

運営メルマガ

メルマガ語学のアトリエ通信

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

映画のセリフで味わう英文法

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

おすすめDVD

リンク集

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM