【英語表現S1-4】I feel like...(〜の気がする)

今日は、Season1Episode4"The Robbery"から、英語表現をご紹介します☆
robberyとは、「強盗」という意味です。

The Robbery(公式サイト動画)

動画の中盤に出てくるGeorgeのセリフに着目しました。
(カフェでの会話です)

"I love the mirror in that bathroom! I feel like Robert Wagner."
(浴室にある鏡がすごく気に入っているよ。ロバート・ワグナーになった気分だ)

*ロバート・ワグナー:アメリカの俳優・映画プロデューサー

この一文は、素敵なアパートメントを見つけたGeorgeのうれしい気持ちが
表れたセリフです。

I feel like...は「〜の気がする」という意味。自分の気分を伝えるときに
使える英語表現ですね☆

s20091112
Georgeはお気に入りの部屋を手に入れることができたのか・・・?
(それは本編をご覧になったときのお楽しみに!)
画像:『Seinfeld: The Complete Series』より


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

カテゴリー

最近の記事

運営メルマガ

メルマガ語学のアトリエ通信

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

映画のセリフで味わう英文法

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

おすすめDVD

リンク集

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM