【英語表現S6-13】live a lie(偽りの生活を送る)

今日は『Seinfeld』Season6Episode13"The Scofflaw"から、
英語表現をお届けします☆

The Scofflaw(公式サイト予告編動画)

*scofflaw:法律違反者

予告編に出てくる、George友人Gary(ゲーリー)の会話に
着目しました。

Gary: I've been living a lie.
George: Just one? I'm living like twenty.


ゲーリーウソの生活を送ってきたんだよ。
ジョージ:一つだけ?僕なんて、20くらいあるよ。

Garyは周りの友人に「自分は病気だ」とウソをついていたのでした。

彼のセリフに出てきたlive a lie(偽りの生活を送る)に注目しました。

tell a lie(ウソをつく)という表現はこれまでも見聞きすることが
ありましたが、tell だけでなく、liveとセットになることもあるんだと
新鮮でした!

それにしても、Garyの告白に対するGeorgeの返事は、
なんとも彼らしいですね。

s20100218
NYのMetropolitan Museum of Art(メトロポリタン美術館)屋上にて

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

カテゴリー

最近の記事

運営メルマガ

メルマガ語学のアトリエ通信

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

映画のセリフで味わう英文法

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

おすすめDVD

リンク集

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM