【英語表現S3-11】get away with...(〜でその場を切り抜ける)

新たな一週間が始まりましたね☆今日はSeason3Episode11
"The Red Dot"
から英語表現をご紹介します。
*dot:斑点

The Red Dot(公式サイト動画)

このエピソードでは、Georgeの浅ましさにJerryがウンザリして
しまう様子が描かれています。

JerryGeorge、さらに店員(女性)の会話に着目しました。
(動画の最初に出てきます)
 

Woman: See this red dot?
Jerry: Oh it's damaged.
George: Well it's not really damaged.


女性(店員):この赤い斑点が分かりますか?
ジェリー:おや、ダメージ(損傷)があるね。
ジョージ:う〜ん、そんなにダメージがあるわけではないよ。

George: Can you see it?
Jerry: I see a very cheap man holding a sweater
trying to get away with something.


ジョージ:(赤い斑点に)気がつくかな?
ジェリー:ぼくは、すごくせこい男がうまく切り抜けようと
セーターを抱えているのが分かるよ。

*Jerryの言うa very cheap manはGeorgeのこと。

get away with...(〜でその場を切り抜ける)に注目しました。

The Free Dictionary.comを調べてると、
to do (something wrong, illegal, etc.) without being
discovered or punished or with only a minor punishment

例)got away with cheating
・・・と紹介していました!

s20091207
NYのJohn F. Kennedy International Airport
(JFK国際空港)内にて


【英語表現S3-10】face to face(対面で;直接に)

今日はSeason3Episode10"The Alternate Side"から
英語表現をお届けします☆
*alternate side: 片側、の意味。

The Alternate Side(公式サイト動画)

このエピソードでは、Jerryが車を盗まれてしまう騒動が描かれています。
さらにElaineは66歳のライターOwen(オーウェン)とデートをしたものの、
別れるほうに気持ちが傾いています。

ElaineJerryに別れ方の相談をする場面に着目しました。
(*動画の中盤に出てきます)

Elaine: Do I have to break up with him face to face?
Jerry: How many times have you been out with him?
Elaine: Seven?
Jerry: Face to face.


エレイン:彼と直接会って、別れるべきかしら?
ジェリー:今まで、彼と何回デートしたの?
エレイン:7回だったかしら?
ジェリー直接だね。

face to face(直面で)が2回出てきますね☆2人の会話では、
副詞として機能していますが、形容詞としての使い方もできます。

Merriam-Webster Online Dictionaryでは
【形】【副】within each other's sight or presence
<例:met and talked face–to–face>←副詞として
<例:a face–to–face consultation>←形容詞として

・・・と紹介してました!

ss20091206.png
NYのBrooklyn Bridge(ブルックリン橋)にて

【英語表現S3-9】be repulsed by...(〜に強い嫌悪感を抱く)

今日はSeason3Episode9から、英語表現をお届けします。

The Nose Job(公式サイト動画)

このエピソードでは、Jerryが「とある女性」に出会い、
dilemmaを感じてしまう様子が描かれています。

美しくて魅力あふれる、しかし、知性がない女優Isabel(イザベル)に
翻弄されているJerryが発した一言に着目しました。

Jerry: I have never been so repulsed by someone mentally.

ジェリー:今まで、誰かに、こんなにも精神的に強い嫌悪感を抱いたことないよ。

be repulsed by...(〜に強い嫌悪感を抱く)に注目しました。
もともとの動詞repulseは、他動詞で「〜に強い嫌悪感を抱かせる
〜を不快にさせる」という意味があります。

私がrepulseという単語を見て、連想したのが名詞impulse(=衝動)
でした。

repulse:【動】〜に強い嫌悪感を抱かせる
impulse:【名】衝動


・・・と意味は違いますが、-pulseのところが共通ですね☆

そういえば、impulseをカタカナ読みすると「インパルス」です。
お笑いグループ「インパルス」の名前には、「衝動」という思いも
込められているのかもしれません!

s20091205
NYのAmerican Museum of Natural History
(アメリカ自然史博物館)前の道路


英語学習にもおすすめ

英語圏の映画や海外ドラマが iPhone や PC で気軽に楽しめるので、私も日々重宝しています。

カテゴリー

最近の記事

運営メルマガ

メルマガ語学のアトリエ通信

英語学習に役立つ内容を毎月1日にお届けします(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

映画のセリフで味わう英文法

味わい深い映画のセリフを素材に、英文法をわかりやすく解説します。1年(365日)完結型のメール講座(無料)。詳細はこちら

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

おすすめDVD

リンク集

ブログ内検索

モバイル

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM